就労継続支援A型事業とは

通常の企業に雇用されることが困難な障がいのある方に福祉就労としての働く場を提供し、その知識及び能力の向上のために必要な訓練を行う事業です。
実際の業務や職業訓練を通じ一般就労を目指します。雇用契約を結びますので都道府県の最低賃金が保証されます。

対象者

企業等に就労することが困難な方であって雇用契約に基づき、継続的に就労することが可能な65歳未満の方(利用開始時65歳未満の方)
具体的には次のような例があげられます。
  1. 就労移行支援事業を利用したが企業等の雇用に結びつかなかった方
  2. 特別支援学校を卒業して就職活動を行ったが、企業等の雇用に結びつかなかった方
  3. 企業等を離職した方など就労経験のある方で現に雇用関係がない方
ページTOPへ